青歯王

Bluetoothとはエリクソン社の技術者がつけたもので、青歯王と呼ばれていたデンマークの王、ハーラル・ブロタン・ゴームソンがその名ブルートゥースの由来だそうです。ハーラル・ブロタン・ゴームソンは初めてノルウェーとデンマークを交渉により無血統合し、文化の橋渡しをした功労者で、乱立する無線の規格を統一したいということ考えがそのブルートゥースのもとになっています。

Bluetoothは汎用インターフェイスでパソコンや携帯電話・スマートフォンなど様々な機器を結ぶことが可能になりました。アップルウォッチとiPhoneの連携もこれによるものです。そのほかに耳に装着するマイク内臓のヘッドセットと携帯電話を繋ぐあの状態もそうですね。